--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17

韓国はKT&Gがチャンピオンに

韓国のVリーグ女子はレギュラーシーズン2位のKT&Gがチャンピオンシップ(優勝決定シリーズ)で1勝2敗から3連勝して優勝し、日韓Vリーグトップマッチの出場権も獲得しました。

<チャンピオンシップの結果>
4月7日
 現代建設 3-1 KT&G
 (25-19、17-25、25-19、25-22)

 8日
 現代建設 2-3 KT&G
 (21-25、20-25、25-22、25-23、8-15)


11日
 KT&G 2-3 現代建設
 (19-25、29-27、16-25、27-25、12-15)

12日
 KT&G 3-0 現代建設
 (25-19、25-14、25-20)

14日
 KT&G 3-0 現代建設
 (25-17、25-18、25-23)

17日
 現代建設 0-3 KT&G
 (20-25、17-25、23-25)


KT&Gの得点源はオポジットのモンターニョ選手(コロンビア出身、身長185cm)で、チャンピオンシップの全試合で両チーム最多得点を挙げてMVPを受賞しました。
チャンピオンシップ6試合の合計得点は何と200得点です。
モンターニョ選手の次にはキム・セヨン選手とチャン・ソヨン選手のセンター線で得点を取っています。
正セッターはキャプテンでもあるキム・サネ選手です。




<レギュラーシーズンの最終順位>
1位:現代建設  23勝5敗
2位:KT&G  19勝9敗
3位:GSカルテックス  16勝12敗
4位:興国生命  8勝20敗
5位:韓国道路公社  4勝24敗

興国生命にコーチとして入団した番平さんが監督の辞任によって1月から監督代行となったみたいです。


<プレーオフの試合結果>
3月28日
 KT&G 3-0 GSカルテックス 
 (25-22、25-21、25-21) 

29日
 KT&G 3-0 GSカルテックス
 (25-19、25-15、25-22)

4月1日
 GSカルテックス 0-3 KT&G
 (19-25、23-25、19-25) 

プレーオフでもモンターニョ選手が3試合とも両チームを通じて最多得点を挙げ、合計99得点をマークしています。



韓国バレーボール連盟(KOVO)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1288-94e7a146
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。