--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26

チーム技術ランキング(レギュラーR最終結果)

<アタック決定率>
1位:JT  41.7%
2位:デンソー  38.8%
3位:久光製薬  38.29%
4位:東レ  38.26%
5位:トヨタ車体  34.5%
6位:NEC  34.2%
7位:シーガルズ  32.8%
8位:パイオニア  32.0%

<バックアタック決定率>
1位:デンソー  41.4%
2位:東レ  40.8%
3位:JT  37.7%
4位:久光製薬  35.0%
5位:トヨタ車体  32.3%
6位:パイオニア  29.9%
7位:NEC  24.5%
8位:シーガルズ  14.3%

<アタック決定本数>
1位:東レ  1594本(108セット)
2位:JT  1584本(102セット)
3位:デンソー  1504本(103セット)
4位:NEC  1481本(113セット)
5位:久光製薬  1462本(100セット)
6位:シーガルズ  1442本(104セット)
7位:トヨタ車体  1322本(98セット)
8位:パイオニア  1268本(102セット)



<ブロック決定本数>(セット平均)
1位:JT  2.57本
2位:デンソー  2.31本
3位:パイオニア  2.30本
4位:東レ  2.29本
5位:NEC  2.22本
6位:トヨタ車体  2.193本
7位:久光製薬  2.190本
8位:シーガルズ  2.06本

<サーブ効果率>
1位:久光製薬  13.7%
2位:JT  13.6%
3位:東レ  13.4%
4位:デンソー  12.9%
5位:NEC  12.1%
6位:パイオニア  11.5%
7位:トヨタ車体  11.2%
8位:シーガルズ  9.5%

<サーブレシーブ成功率>
1位:久光製薬  64.2%
2位:パイオニア  62.6%
3位:トヨタ車体  62.2%
4位:JT  60.5%
5位:東レ  60.3%
6位:シーガルズ  57.0%
7位:デンソー  56.7%
8位:NEC  53.7%


アローズは昨季と比べてバックアタック決定率(30.0%→40.8%)とブロック決定本数(1.91本→2.29本)とサーブ効果率(10.8%→13.4%)がアップしました。

第4レグになってもサーブ効果率だけはどのチームも落ちていません。
個人タイトル争いと同じようにチーム成績の1位争いでもサーブ効果率が混戦しましたね。

それから、トヨタ車体のブロック決定本数は6位ですが、このトヨタ車体だけ第1レグから1レグごとに決定本数が右肩上がりに伸びていて、第3レグ(2.48本)と第4レグ(2.79本)はリーグ1位でした。
そして、1レグごとのチームの順位も第3レグまで全て1勝6敗で最下位だったのが第4レグでは4勝3敗と勝ち越して4位でした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1269-2855063d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。