--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20

V・プレミアリーグ レギュラーR JT戦

東レ 3-2 JT
(25-19、23-25、25-21、20-25、15-13)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:36.0%  JT:40.1%
キルブロック
 東レ:6本  JT:8本
サービスエース
 東レ:8本  JT:5本
サーブ効果率
 東レ:17.2%  JT:13.9%
サーブレシーブ成功率
 東レ:54.9%  JT:45.5% 
ミスによる失点
 東レ:23点  JT:22点


ようやくJTに勝ちました。

既に両チームの決勝R進出とJTのレギュラーR1位が決まっていて、今日JTは谷口選手と位田選手をベンチスタートにして様子を見ているようでしたが、それでもやはり勝ちは嬉しいですね。
これを決勝Rに繋げてほしいです。

木村選手が41.3%のアタック決定率で、キルブロックとサービスエースは1本ずつ決めて合計33得点を挙げ、熊前選手が持っていた日本人のシーズン記録の539得点(27試合)を更新しました。(おめでとうございます!そして、お疲れ様です)
現在546得点です。

バルボッサ選手も決定率が4割あって、キルブロックは3本出ました。
打数は13本と少ないものの宮田選手の決定率も46.2%あり、サービスエースは2本決めています。
荒木選手は今日も欠場しました。


これでアローズは昨季と同じ20勝7敗として、Vリーグ女子史上初の3シーズン連続20勝を達成しました。
第12回Vリーグ(05/06シーズン)でも20勝を挙げているので、20勝達成は通算4度目です。
良い記録はどんどん作っていって下さい。

今季のレギュラーRの順位決定は明日の最終戦に持ち越されました。
2位のアローズはNEC、3位の久光製薬はシーガルズとの対戦です。
NECとの対戦成績をタイにしたいですね。


<2位・3位争い>
 2位:東レ  20勝7敗 セット率:2.03(得セット69、失セット34)
 3位:久光製薬 19勝8敗 セット率:1.94(得セット64、失セット33)



<アローズ関連の個人タイトル争い>
アタック決定率
 1位:荒木  50.6%(202/399)
 2位:矢野(デンソー)  49.0%(234/478)
 

ブロック決定本数
 1位:井上香織(デンソー) 0.86本(86/100)
 2位:荒木  0.84本(74/88)


サーブ効果率
 1位:杉本(パイオニア)  16.5%(打223、ノ10、エ8、効82)
 2位:木村  16.3%(打376、ノ8、エ19、効153)
 3位:迫田  16.2%(打343、ノ7、エ18、効137)
 4位:石田(久光製薬)  16.1%(打372、ノ7、エ14、効167)
 5位:秋山(NEC)  15.8%(打357、ノ9、エ16、効138)

 ※打=打数、ノ=ノータッチ、エ=エース、効=効果
 ※計算方法:(ノータッチ×100+エース×80+効果×25)÷打数


デンソーはパイオニアと最終戦です。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1264-45d1d725
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。