--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

V・プレミアリーグ レギュラーR シーガルズ戦

東レ 3-0 シーガルズ
(25-19、26-24、25-20)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:45.4%  シーガルズ:35.3%
キルブロック
 東レ:8本  シーガルズ:8本
サービスエース
 東レ:2本  シーガルズ:2本
サーブ効果率
 東レ:9.9%  シーガルズ:8.8%
サーブレシーブ成功率
 東レ:75.4%  シーガルズ:64.3% 
ミスによる失点
 東レ:12点  シーガルズ:12点

第2セットは22-21から3連続失点して22-24となった直後に4連続得点を奪って取っています。

今日は和田選手のアタック決定率は低かったですが、その他の選手の決定率が良かったです。
迫田選手が60.7%という高い決定率を残し、サービスエースは2本あって両チーム最多の19得点を挙げました。
木村選手は41.0%でキルブロックは2本決めて迫田選手に次ぐ18得点をマークし、サーブレシーブ成功率は79.2%ありました。
荒木選手の決定率は55.6%で、バルボッサ選手も38.1%と悪くはありませんでした。
しかし、ストレート勝ちでもまだまだチームに課題があって、菅野監督は試合内容に満足していないようです。

アローズは13勝7敗として1日で3位に復帰しました。
次は愛知県で27日(土)にパイオニア、28日(日)にトヨタ車体と対戦です。
27日のパイオニア戦が第3レグの最終戦となります。
そして、アローズと5位のNECと6位のシーガルズ(NECとシーガルズは共に現在7勝13敗)の結果によっては早ければ28日にアローズの決勝R進出が決まりますが、次週はシーガルズも下から1番目と2番目のトヨタ車体とパイオニアが相手です。
NECはデンソーとJTです。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1247-e5de7656
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。