--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

V・プレミアリーグ レギュラーR 久光製薬戦

東レ 0-3 久光製薬
(23-25、23-25、17-25)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:28.7%(誤審で2%ほどマイナス)  久光製薬:32.1%
キルブロック
 東レ:8本  久光製薬:8本
サービスエース
 東レ:2本  久光製薬:2本
サーブ効果率
 東レ:9.3%  久光製薬:11.0%
サーブレシーブ成功率
 東レ:61.8%  久光製薬:68.4% 
ミスによる失点
 東レ:23点(誤審で4点ほどプラス)  久光製薬:12点

開幕戦のJT戦以来のストレート負けです。
そして、久光に敗れたのは07/08シーズンの第2レグ以来です。

アローズはミスが多く不安定で、連続得点の直後に連続失点が目立ちました。
それから、1つのプレーが勝負を左右する大事な終盤にもサーブレシーブが乱れたりボールを繋ぎ切れなかったりしてセットを取れず、今季ここまでで一番酷い試合(審判のジャッジも含めて)だったと思います。


第1セットは7-5から3連続失点(誤審あり)をした後に迫田選手のスパイクとブロックや木村選手のサービスエースなどで5連続得点を取って再び前に出ましたが、13-9からミスを連発して6連続失点(誤審あり)を喫しました。
それでも久光ペースにはならず19-20から木村選手の連続得点で21-20とまた逆転したものの、22-21から3連続失点をしてしまいました。

第2セットは8-4で1回目のテクニカルタイムアウトに入ったのですが、サーブミスと相手のキルブロックとサービスエースで3連続失点をし、9-7からも2連続失点をして同点になりました。
直後に相手のミスもあって3連続得点を取ったものの直後にまたミス絡みで5連続失点(誤審あり)をし、その後にもミスが絡んだ3連続失点が2度あり15-20となりました。
しかし、そこから木村選手の4得点もあって5連続得点で20-20の同点に追い付きました。
追い付いたのは良かったのですが、そこで2連続失点をしてその後はサイドアウトが続いただけでした。

第3セットは1-2から2連続得点(誤審を逃れる)の後に相手のキルブロックやアローズのスパイクミスで3連続失点をし、7-8からは久光に2連続得点(誤審あり)が入りました。
点を取るのに苦労し、10-12と11-15と13-19からも久光に3連続得点を奪われて大差が付きました。
結局このセットのアローズの連続得点は1-2からと13-22からの2連続得点のみでした。


荒木選手の決定率は46.7%でしたが、トスが合わないことが何度かありました。
荒木選手以外の選手の決定率は30.0%前後と低かったです。
迫田選手はブロックが3枚付いて相手コートの右の前が空いていてもフェイントを使わず素直さが表れているような感でしたが、久光に「フェイントは無い」としっかり読まれていました。

悪い事ばかりだと寂しいので、木村選手にキルブロックとサービスエースが2本ずつ出たのと和田選手にキルブロックが3本あったことも書いておきます。


アローズは今週も1勝1敗で(連敗をしないことは大事です)、現在7勝5敗の4位です。
次は神奈川県で30日(土)にNEC、31日(日)にはデンソーと対戦します。



P.S.誤審についてはまた改めて。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1228-7d5a2dbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。