--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

V・プレミアリーグ レギュラーR シーガルズ戦

東レ 3-0 シーガルズ
(26-24、25-15、27-25)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:40.8%  シーガルズ:31.4%
キルブロック
 東レ:5本  シーガルズ:8本
サービスエース
 東レ:4本  シーガルズ:0本
サーブ効果率
 東レ:13.6%  シーガルズ:4.5%
サーブレシーブ成功率
 東レ:81.3%  シーガルズ:58.6% 
ミスによる失点
 東レ:12点  シーガルズ:16点

第1セットは序盤に5点差ぐらい付けていたものの、追い上げられて辛くもデュースの末に取りました。
第2セットを難なく取った後の第3セットは苦しい展開でリードを許しながらも粘ってデュースに持ち込んで勝ちました。

今日僕は大阪にV・チャレンジリーグを観に行ってタイムアウト時やセット間に携帯でアローズの試合のライスコを確認していたのですが、第1セットのスコアを最初に観た時は8-3で「これは行けそうだ」と思ったのに次に観た時には23-22になっていてその後デュースにまでもつれ、目の前の試合よりアローズの第1セットの行方が気になって仕方がありませんでした。


ここ最近スパイクで得点を稼いでチームを牽引していた迫田選手が今日は苦しんだようですが、その対角の木村選手の決定率が45.2%あってキルブロック1本に加えサービスエースは3本で両チーム最多の合計23得点を挙げました。
木村選手のサーブレシーブ成功率は78.0%あり、濱口選手(92.9%)と芝田選手(77.8%)の成功率も高かったです。
荒木選手は決定率が57.9%あり、キルブロックとサービスエースは1本ずつでした。
和田選手も47.1%の決定率をマークしています。
それから、第1セットと第3セットに途中出場した未希選手がどちらかのセットでキルブロックを1本決め、第2セットに途中出場した佐藤選手もキルブロックを1本決めました。
それと、第3セットに途中出場した森選手はスパイクが3の2でした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1227-aa83504c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。