--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16

V・プレミアリーグ レギュラーR トヨタ車体戦

東レ 3-0 トヨタ車体
(25-14、25-22、25-18)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:40.3%  トヨタ車体:33.1%
キルブロック
 東レ:11本  トヨタ車体:6本
サービスエース
 東レ:4本  トヨタ車体:1本
サーブ効果率
 東レ:8.2%  トヨタ車体:6.3%
サーブレシーブ成功率
 東レ:80.0%  トヨタ車体:78.3% 
ミスによる失点
 東レ:7点  トヨタ車体:12点

木村選手が46.7%の決定率をマークし、キルブロックは3本、サーブレシーブ成功率も84.2%と高かったです。
迫田選手は今日もチームで一番多くのスパイクを放って決定率は41.5%で、サービスエースは1本あって両チーム最多の18得点を取りました。
芝田選手はあまりスパイクが決まりませんでしたが、キルブロックとサービスエースが1本ずつあり、それからサーブレシーブ成功率は83.3%でした。
荒木選手は決定率が44.4%でキルブロックは3本、サービスエースは2本決めました。
そして、打数は9本と多くはないものの和田選手も決定率が44.4%で、キルブロックが3本出ました。
第2セットと第3セットの25点目は和田選手のブロックポイントでした。
それと、峯村選手がピンチサーバーで出場しています。
全員ピンチサーバーですが、これで新人の全3選手がリーグデビューを果たしたことになりました。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1223-c30a6471
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。