--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

個人技術ランキング15傑 トップ5(第1レグ終了時点)

<アタック決定率>
 1位:荒木(東レ)  50.84%
 2位:矢野(デンソー)  50.79%
 3位:キム・ヨンギョン(JT)  47.6%
 4位:鈴木(デンソー)  45.9%
 5位:山本(JT)  45.1%

<総得点>
 1位:キム・ヨンギョン(JT)  146得点
 2位:木村(東レ)  130得点
 3位:エリザンジェラ(久光製薬)  127得点
 4位:レナタ(トヨタ車体)  115得点
 5位:スタエレンス(デンソー)  109得点
-----------------
11位:荒木  91得点

<アタック決定本数>(セット平均)
 1位:キム・ヨンギョン(JT)  5.70本
 2位:エリザンジェラ(久光製薬)  4.96本
 3位:木村(東レ)  4.64本
 4位:レナタ(トヨタ車体)  4.40本
 5位:スタエレンス(デンソー)  3.92本
-----------------
13位:バルボッサ  2.94本


<ブロック決定本数>
 1位:荒木(東レ)  1.04本
 2位:石川(JT)  0.96本
 3位:井上香織(デンソー)  0.85本
 4位:松崎(NEC)  0.83本
 5位:杉山(NEC)  0.77本
------------------
13位:大山加奈  0.47本

<サーブ効果率>
 1位:船崎(トヨタ車体)  17.6%
 2位:谷口(JT)  17.0%
 3位:木村(東レ)  16.8%
 4位:秋山(NEC)  16.4%
 5位:藤原(トヨタ車体)  16.3%
------------------
11位:荒木  12.5%

<サーブレシーブ成功率>
 1位:成田(パイオニア)  76.1%
 2位:井野(NEC)  76.0%
 3位:片下(デンソー)  75.0%
 4位:杉本(パイオニア)  69.8%
 5位:櫻井(デンソー)  69.6%
------------------
 11位:木村  66.2%


今季も木村選手の貢献度が高いですね。
そして、ベルガモから復帰した荒木選手も流石に高いレベルにあります。
あと、加奈選手は今は体調を戻すことを優先しなければなりませんが、バックアタック決定率がリーグ1位の48.3%(2位が木村選手で48.0%)で、ブロック決定本数はチーム2位、総得点とサーブ効果率はチーム3位です。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1220-1efbd4ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。