--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

2009年のアローズを振り返る

1月 
11日からV・プレミアリーグの第2レグがスタート。2009年初めての試合はJTに1-3。

2月
第2レグは第1レグと同じく6勝3敗。

3月 V・プレミアリーグ レギュラーR:1位(20勝7敗) セミファイナルR:1位(3勝0敗)
15日のデンソー戦で加奈選手がベンチ入りして途中出場を果たす。
8連勝でレギュラーRを終える。第3レグは8勝1敗。
セミファイナルで苦しみながらも粘り強さを発揮し、1位で2シーズン連続の決勝戦進出を決める。
Vリーグ初優勝時のキャプテンでもある向井事務局が退団。

4月 V・プレミアリーグ 決勝R:優勝  日韓Vリーグトップマッチ:4位
小平選手、峯村選手、田代選手が入団。
V・プレミアリーグ決勝戦で久光製薬にストレート勝ちしてVリーグ女子史上初の連覇を達成し、張選手がMVPとベスト6、西脇選手がスパイク賞とベスト6、木村選手がベスト6、中道選手もベスト6、宮田選手が新人賞、菅野監督が優勝監督賞を受賞。
アローズのVリーグ初優勝に貢献したデラクルス選手を擁するGSカルテックスと日韓Vリーグトップマッチで対戦。結果は0-3。
加奈選手、荒木選手、濱口選手、木村選手、峯村選手が全日本候補に選出される。 

5月 黒鷲旗:優勝
黒鷲旗の決勝戦で久光製薬を3-1で下して5年ぶり3度目の優勝を飾り、木村選手がMVPとベスト6、張選手と中道選手がベスト6、濱口選手がベストリベロ賞を受賞。
張選手が帰国(退団することに)。

6月 アジアクラブ選手権:3位 国体滋賀県代表決定戦:優勝
東山選手と松下選手のPFUへの移籍が発表される。
アジアクラブ選手権でもフルセットゲームに強く、7試合のうち3試合がフルセットになり3試合とも勝利。
7月
サマーリーグには不参加。
岸本総務のPFU監督就任、木村部長の退団、三村新部長就任と高杉新コーチ就任が発表され、後日池田マネージャーの退団も発表される。
結婚した西脇選手が森選手となる。
WGPに荒木選手と濱口選手と木村選手が出場。

8月 国体近畿予選:優勝


9月 近畿総合:優勝
近畿総合の決勝戦でJTを下して3年ぶりに優勝。
荒木選手のアローズ復帰が発表される。
東レアリーナが完成。

10月 新潟国体:3位
国体3位決定戦の久光製薬戦で交代のミスが発覚してフルセットに突入するも勝利し、V・プレミアリーグからのフルセットゲームでの連勝を9に伸ばす。
アメリカ代表のバルボッサ選手の加入、それと小松崎選手が引退してマネージャーに就任したことが発表される。

11月
グラチャンに荒木選手、濱口選手、木村選手が出場。
V・プレミアリーグの開幕戦はJTにストレートで敗れる。

12月 全日本選手権:ベスト4
V・プレミアリーグのNEC戦で2セット先取から3セットを奪われ、フルセットゲームでの連勝が9で止まる。
木村美里選手の内定が発表される。
年内のリーグ戦を3勝3敗の3位で終える。
リーグ戦6戦全勝で首位に立つJTに全日本選手権の準々決勝でストレート勝ちする。
月末をもって緑川事務局が退団することが28日に発表される。



日本漢字能力検定協会が発表した2009年の『今年の漢字』は“新”でした。
これはアローズにも当てはまります。
アローズはVリーグになってから女子では記録となるリーグ連覇を達成し、宮田選手が人賞を受賞しました。
年女でもある濱口選手は今年しく全日本入りしました。
森選手は婚さんになりました。
それから、昨年腰の手術を受けた加奈選手が今季のV・プレミアリーグでスタメンに復帰してたなスタートを切りました。
体育館の東レアリーナの完成もありました。
それと、選手やスタッフがしい道に進んだり、しい選手やスタッフが加入することは今年に限ったことではありませんが、やはり引退や退団はいつでも寂しいものです。
しかし、時間は戻っても止まってもくれないので前に進まなければなりません。
もう少しで年がやって来ます。
リーグは既に始まっていますが、気持ちをたに頑張りましょう!

皆さん、今年もお疲れ様でした。
それでは良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1212-a8754b96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。