FC2ブログ
29

1月29日 パイオニア戦

東レ3-1パイオニア
(25-22、22-25、25-21、25-16)


注目の高さとパワー型同士の首位決戦、アローズのスタメンはいつも通りでローテーションを4セットとも普段より1つ進めた形から始めています。
そして、お互いにサーブで相手を崩す試合になったようですが、バックアタック決定率以外はアローズが少しだけパイオニアを上回りました。
個人個人の数字を見ると、アローズの方がみんなでカバーし合った感じがします。
それと、出場機会はありませんでしたが、まだベンチには向井選手と冨田選手という頼りになる選手が控えていました。

それで今日は荒木選手がスパイクにブロックにと大活躍しています。
今季、荒木選手はパイオニアを全く苦にしておらず、3試合トータルのアタック決定率が5割を超えていて、1セットあたりのブロック決定本数も1.00本を超えています。
パイオニアにはオランダ代表センターのフールマン選手や元全日本センターの吉原選手と多治見選手、それに同い年の栗原選手がいることもあり、全日本のレギュラーを目指す荒木選手としては燃えてくるものがあると思います。
こういう風に敵同士であっても自分を育ててくれるライバルや憧れの選手の存在は大きいですね。

昨季は1セットも奪えなかったパイオニアにアウェーで勝ち越しを決めて、アローズのことをファンながら「つぇ~~。」と思いました。
ホントにアローズは逞しくなりましたね。
残り5試合となった良いところで首位に返り咲きました。
取りこぼしをしなければ2位以内はほぼ確実です。
しかし、まだまだ油断はできません。
最後の最後まで締まっていきましょう!!

また、これで今季のTV中継は6戦全勝となり、昨季を含めると9連勝となりました。
来季もどんどん中継をお願いします!

僕は衛星放送の契約はしていないのですが、BS1は音声だけ聞こえます。
なので、試合の様子を想像しながら音声だけ聴いていました。
そして用事があったので、第1セット19-16になってパイオニアがタイムアウトを取ったところまで聴いて、それから外出して時々携帯のVスコアを観ながら「ガンバレ!」と氣を送っていました。
録画は友人のM君(一緒にバレーも観に行っています)にしてもらっています。
いつもありがとう。
ビデオを観るのがすごく楽しみです。

あとは久光か!


女子の首位争いは、東レが一歩リード(毎日新聞)
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/119-8732bc39