--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

荻野選手がV・プレミアリーグを最後に引退

サントリー所属で元全日本の荻野選手が会見を開き、今季のV・プレミアリーグを最後に引退することを表明しました。

サントリーではこれまで7度のリーグ優勝を経験して、レシーブ賞を7度、ベスト6とサーブ賞を2度ずつ獲得しています。
それから、Vリーグ40回大会記念特別表彰では栄誉賞を受賞しました。
そして、五輪に2度(1992年、2008年)、世界選手権にも2度(1998年、2006年)、W杯には3度(1991年、1995年、2007年)出場しました。
2005年に全日本に復帰してキャプテンとして、そして五輪を経験したことのある唯一の選手としてチームを牽引し、昨年に全日本男子の4大会ぶりとなる五輪出場を実現させました。

まだV・プレミアリーグが残っていますが、お疲れ様でした。
現役最後のV・プレミアリーグを悔いの無い大会にしてほしいと思います。

2009/10 V・プレミアリーグがラスト!荻野正二選手勇退のご報告(サントリー)

荻野、40歳を節目として引退決意(サンスポ)


引退は寂しいですが、バレーの場合は大会終了後に突然引退が発表されることが多いので、こうして前もって知らせてくれるのはファンにとって有り難いですね。
実績を残した選手は特に大勢のファンに惜しまれながら拍手で見送られるべきです。


先月末には堺の千葉選手の引退が突然発表されました。
千葉選手は優勝した第12回VリーグでMVPを受賞し、全日本では世界選手権に2度(2002年、2006年)、W杯には1度(2007年)出場しました。
千葉選手、お疲れ様でした。

千葉進也選手現役引退について(堺)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1174-1476e11b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。