fc2ブログ
08

アジアクラブ選手権 3位決定戦 ジェティス戦

東レ 3-2 ジェティス(カザフスタン)
(25-22、22-25、14-25、25-18、15-9)


またしてもフルセット勝ちを収め、2年連続で3位に入りました。
V・プレミアリーグからフルセットゲームは8連勝です。

スタメン
S:中道、R:高田、L:佐藤・迫田、C:西脇・和田 リベロ:小平

第4セットからは佐藤選手に代わって峯村選手、和田選手に代わって築地選手がスタメン出場しました。

アローズのキルブロックは5本で、ジェティスには25本も決められましたが、サーブではエースが2本のジェティスに対してアローズは10本決めています。
アタック決定率はアローズが38.3%、ジェティスが36.9%でした。
それで、迫田選手がダントツで両チーム最多となる31得点を挙げ、44.1%の決定率を残しました。

辛口評論でお馴染みのセルジオ越後さんが日刊スポーツのコラムの中でサッカー日本代表に対して、『まずは強い相手と試合をすること。メンバーをそろえた強豪と対戦して負ける。その中から通用すること、足りないことを見つける。キリン杯のように中途半端な相手と試合しても、強化にはならない。』と、W杯で好成績を残すために強豪チームと対戦してレベルアップを図る必要性を述べています。

アジアクラブ選手権は公式戦ですが、今大会でアローズが敗れたのは格下ではなく強いチームなので、その敗戦はプラスに変えることができると思います。
サブメンバー主体で海外での大会に臨んでまた大きな経験ができましたね。
8日間で7試合お疲れ様でした。

次は14日(日)の国体滋賀県代表決定戦で、相手はMIKKIESです。


<その他の試合結果>
7位決定戦
 台北(チャイニーズタイペイ) 3-2 サイパ(イラン)
 (25-22、25-18、21-25、20-25、15-13)

5位決定戦 
 小白水(北朝鮮) 3-2 スポーツセンター(ベトナム)
 (25-18、25-27、25-21、18-25、15-9)

決勝戦 
 フェーダーブロイ(タイ) 3-2 天津(中国)
 (27-25、20-25、25-19、18-25、15-7)

今大会はストレートゲームが目立っていましたが、最終日は全試合フルセットまでもつれ込みました。


<最終順位>
 優勝:フェーダーブロイ(タイ)
 2位:天津(中国)
 3位:東レ(日本)
 4位:ジェティス(カザフスタン)
 5位:小白水(北朝鮮)
 6位:スポーツセンター(ベトナム)
 7位:台北(チャイニーズタイペイ)
 8位:サイパ(イラン)
 9位:スキフ(ウズベキスタン)
10位:ペトロキミア(インドネシア)
11位:アフガニスタン ※棄権

天津の2度目の連覇はならず、大会スポンサーのフェーダーブロイ(タイ代表)の初優勝で幕を閉じました。
代表チームが優勝してますます大会の意義が問われますね。


<個人賞>
MVP:オヌマー・シッティラック(フェーダーブロイ)
ベストスパイカー:オヌマー・シッティラック(フェーダーブロイ)
ベストスコアラー:陳麗怡(天津)
ベストブロッカー:オルガ・ナセドキナ(ジェティス)
ベストサーバー:ヌットサラ・トムカム(フェーダーブロイ)
ベストセッター:于静(天津)
ベストリベロ:ワンナ・ブアゲーウ(フェーダーブロイ)


Federbrau dethrone defending champions Tian(AVC)
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1073-edfa9a74