FC2ブログ
21

TV視聴者数が少ないと出場できない

FIVBが今年のWL出場国の中でTV視聴者数が少ない国を来年のWLから外すことを決めたようです。

FIVBがワールドリーグの降格をテレビ視聴者数で決める新ルールを制定(日本トップリーグ連携機構)

 FIVB(国際バレーボール連盟)は、ワールドリーグ2008出場国のうち、テレビ視聴者数が少なかった数カ国を次回大会からはずすことを決定した。代わって、テレビ放映で一定の視聴者を見込める国の中からFIVBが新たな出場国を選ぶ。
 同ルールの採用理由についてワールドリーグ理事長のフランチェスコ・フランキ氏は、「この新ルール適用によって、この大会により貢献する国を参加させることができる」と語っている。
FIVB会長のルベン・アコスタ会長は、「すでにノルマに満たないチームが8カ国ある」と述べ、他チームとの入れ替えを示唆している。この中には、昨年欧州チャンピオンになり、2004年以来4年ぶりにワールドリーグに復帰したスペインも含まれていると思われる。
 FIVBは2008年から2010年の3年間で、7820万スイスフラン(約5300万ユーロ=日本円で約90億1000万)のテレビ放映権収入を見込んでいる。この中で収益の最も大きな部分を占めるのは、北京オリンピックのテレビ放映権1600万スイスフラン(約1000万ユーロ=日本円で約17億円)である。
 FIVBの総資産は、2006年度の1350万ドル(約14億4500万円)から現在1500万ドル(約16億円)に増えているが、これは同連盟としては過去最高額である。アコスタ会長は、現在FIVBが財政的に潤っていることを認識しているが、さらなる増益を目指し、今回の決定にいたったようだ。


今更驚きませんが、またFIVBが人気優先のとんでもないことを決めましたね。
益々バレーがスポーツではなくなってしまいます。
FIVBのことなので「普及のため」よりも「お金のため」という臭いがします。
普及のためにはFIVBと各国が一体となって真剣にやらないといけないと思います。

ちなみに、FIVB加盟国数は218でFIFA(国際サッカー連盟)の207を上回っていますが、FIFAが発表した2007年度の収入は8億8200万ドル(現在のレートで約940億円)、支出が8億3300万ドル(約888億円)で4900万ドル(約52億円)の黒字でした。
2010年W杯の放送権契約料は5億ドル(約533億円)だそうです。
そして、FIFAの総資産が11億5900万ドル(約1236億円)に達していてFIVBの完敗です。
15

南選手が引退

大分三好の南克幸選手が現役引退を表明しました

バレー一家に育った南選手は五輪(1992年)に1度、世界選手権とW杯には3度ずつ出場し、実業団では2006年に廃部になるまで長らく旭化成で活躍してその後は大分三好でプレーしました。
五輪を経験した男子選手がまた一人引退することになって寂しいですね。

僕は小学校の頃クラスメイトより頭一つ分ぐらい背が高かったので、休み時間にバレー(ごっこ?)をして遊んでいる時に南選手役(ポジションとかは無視です)をしていたのが懐かしいです。

南選手、お疲れ様でした。
30

男子アローズもファイナルへ

V・プレミアリーグ男子セミファイナル最終日を1勝1敗で迎えた男子アローズが2勝0敗のサントリーをストレートで下して、セット率で1位となって決勝進出を決めました。
5日の決勝戦ではパナソニックと対戦します。
女子と共に頑張りましょう!

しかし、レギュラーRで2位のパナソニックに5勝もの差を付けて1位になりながら、3位決定戦に回ることになったサントリーが気の毒です。
サントリーの選手やファンはたまったものではないでしょう。
一番強いはずのチームでもこうなってしまうので短期決戦は恐ろしいですね。
14

柴田選手と勝野選手が海外リーグへ

アローズ男子の柴田選手と勝野選手が海外リーグに挑戦します

柴田選手→アルメリア(スペイン) 

勝野選手→ハングルク・カウボーイズ(ドイツ)


夢に向かってそれぞれの地で頑張ってほしいと思います。
07

黒鷲旗 男子決勝戦&3位決定戦

決勝戦
NEC 3-0 豊田合成
(25-23、25-19、25-22)




NECのブロックが素晴らしかったです。
プレミアリーグの入れ替え戦を乗り越えての黒鷲旗優勝は2年前のアローズ(男子)を思い出します。
14

V・プレミアリーグ男子 サントリーが優勝 

男子の決勝戦でサントリーが東レを3-1で破って王座に返り咲きました。
3シーズンぶり7度目の優勝です。
男子のアローズは残念でしたね。
この悔しさを黒鷲旗にぶつけてほしいです。
3位はパナソニック、4位が豊田合成となりました。

<個人賞>
優勝監督賞:河野監督(サントリー) 初
最高殊勲選手賞:越川(サントリー) 初
敢闘賞:ニコロフ(東レ) 初
得点王:フィリップ(大分三好) 初
スパイク賞:川浦(豊田合成) 初
ブロック賞:富松(東レ) 初
サーブ賞:ニコロフ(東レ) 初
サーブレシーブ賞:井上(大分三好) 初
レシーブ賞:荻野(サントリー) 4度目(日本リーグを入れると7度目)
ベスト6
 ニコロフ(東レ) 初
 越川(サントリー) 2度目
 荻野(サントリー) 初(日本リーグを入れると2度目)
 富松(東レ) 初
 川浦(豊田合成) 初
 栗原(サントリー) 初
ベストリベロ賞:津曲(サントリー) 3度目
新人賞:富松(東レ)
優秀GM賞:山下部長(JT)
03

世界選手権(男子) 最終日

決勝戦
ブラジル 3-0 ポーランド
(25-12、25-22、25-17)

3位決定戦
ブルガリア 3-1 セルビア・モンテネグロ
(22-25、25-23、25-23、25-23)


<決勝R 日本の試合結果>
2日(土) 
 日本 1-3 フランス
 (23-25、27-25、18-25、12-25)

3日(日)
 日本 1-3 ロシア
 (18-25、25-22、18-25、17-25)


<最終順位>
 優勝:ブラジル(2大会連続2回目)
準優勝:ポーランド
 3位:ブルガリア
 4位:セルビア・モンテネグロ
 5位:イタリア
 6位:フランス
 7位:ロシア
 8位:日本
 9位:ドイツ
10位:アメリカ
11位:カナダ
12位:プエルトリコ
13位:アルゼンチン、チェコ
15位:キューバ、チュニジア
17位:中国、ギリシャ、韓国、ベネズエラ
21位:オーストラリア、エジプト、イラン、カザフスタン


<個人賞>
MVP:ジルベルト・ゴドイフィリョ“ジバ”(ブラジル)
ベストスコアラー:エクトル・ソト(プエルトリコ) 271点
ベストスパイカー:ダンテ・アマラウ(ブラジル) 61.22%
ベストブロッカー:アレクセイ・クレショフ(ロシア) 0.94本
ベストサーバー:マテイ・カジースキ(ブルガリア) 0.63本
ベストセッター:パベウ・ザグムニ(ポーランド) 11.86本
ベストリベロ:アレクセイ・ベルボフ(ロシア) 58.96%


男子は本命のブラジルが2連覇を達成しました。
ポーランドとブルガリアもよく頑張りました。
バレーでもヨーロッパはレベルが高いですね。

全日本男子は8位で終えて目標としていたベスト8をクリアしました。
まだ世界の強豪には敵いませんが、手応えを感じました。
大事なのは次の世界大会でも8位以内を維持するということです。
これからも少しずつでも良いので世界との差を縮めていってほしいと思います。
お疲れ様でした。

次回は男子がイタリア、女子はまた日本で開催されます。

間もなく全日本男子もアジア大会に出発ですね。
日本はシードで、初戦は日本時間の12日(火)午前0時からです。